藤本 一馬

ギタリスト、コンポーザー。

1998年ヴォーカルのナガシマトモコとのデュオ、orange pekoeを結成。
2002年1stアルバム«Organic Plastic Music»が35万枚のセールスを超え、クラブミュージックを通過し、ジャズやブラジリアンミュージックを融合した音楽性が大きな話題に。
その後も国内はもとよりアジア各国や北米での CDリリース、ライブ公演を展開。

2010年よりソロ名義でのライブ活動を開始。
2011年1stアルバム«SUN DANCE»をリリースし、雄大な自然からの着想、自己の内面を投影した叙情的なオリジナル楽曲を中心に、ジャズやクラッシク音楽だけでなくワールドミュージックリスナーなど幅広い支持を得る。
その後もカルロス・アギーレ(pf)やアンドレ・メマーリ(pf)等をフィーチャーした«Dialogues»、«My Native Land»、また伊藤志宏(pf)とのデュオ作品»Wavenir»を発表。
2016年の«FLOW»では林正樹(pf)と西嶋徹(cb)とのトリオを軸にシルビア・イリオンド(vo)、ジョアナ・ケイロス(cl)を迎え録音。フォークロリックな感性と室内楽の持つ静謐さを内包したコンテンポラリー・ジャズへ昇華。

その他、これまで国内および海外まで多数のアーティストと共演。
空間や余韻を活かしたリリカルなアプローチ、ときに野生的なダイナミズムまで、その音楽性は高い評価を獲得している。

担当コース

・藤本一馬 ギターハーモニー【オンライン】

メッセージ

僕がギター好きなのは、ギターならではの和音の重なりや響きに惹かれているからなんだと思います。
演奏でハーモニーに身を委ねるだけで喜びを与えてくれるし、作曲するときも大きなアイデアを与えてくれます。ギターはそんな友達のような楽器です。
まずはシンプルなコードから、バリエーションを広げていくための方法まで、僕がギターを始めた時から今に至るまで実践しているアイデアをみなさんとシェアしたいと思います。